電子工作/コンタクトマイクの製作

コンタクトマイクの製作 bookmark

コンタクトマイクの概要 bookmark

Piezo_Set001_2.jpg

大阪日本橋の共立で販売している圧電素子25mm(70円)、30mm(80円)を2個づづ買ってきました。使用したのは25mmを2個並列につなぎました。
仮止めで、ブリッジの上下(内面)に付けて、プリアンプにつなげてみました。意外と出力レベルは有りました。皆さんが言われるように、キンキンとした音ですが、ちゃんと音を拾います。これから、プリアンプや、エフェクトを加えて色々と実験してみます。
最終的には、株ニトムズ社の「超強力 両面接着シート」をカッターで円く切り抜いてピエゾをセットした、円形のカース(黄色のスマイルマーク)の底面に貼り付け、ギターのサウンドホールから手を入れてブリッジ付近に貼り付けました。また、ECマイクも、サウンドホール近くに(内側)に貼り付けました。
ピエゾのケースの内部構造は、下図の内容です。ただし、マグネットは内蔵していません。電子工作/コンタクトマイク2>この方法が一番旨くいくと思っています。

zu01_s.jpg
piezo_2.jpg

コンデンサーマイク 貼りつけ bookmark

ECMic_2.jpg

安くて評判の良いコンデンサーマイクです。スポンジでカバーをしています。これをギターのサウンドホールの内側に貼りつけました。

EC_2.jpg

バッファーアンプ bookmark

bufferAMP.jpg

上半分の基盤は、バッファーアンプで、ピエゾマイク用です。FETの2SK170を使用しました。
下半分は、上記バッファーアンプ経由のピエゾ出力と、コンデンサーマイクの出力を、混合するために、オペアンプを使ってミキシングしています。ミキシング量の調整のため、それぞれの入力レベルを調整する、半固の可変定抵抗を入れています。オペアンプは、NJM4558DDを使いました。
また、マイク入力の端子は、ステレオタイプを使用して、Tip側ピエゾ、Ring側コンデンサーマイクで、コンデンサーマイク用の、ファントム電源を供給しています。


Counter: 2077, today: 2, yesterday: 0