電子工作/200円タイマーシャッター/ケーシング

タイマーシャッターのケーシング bookmark

しばらくの間、部品、基盤むき出しであったタイマーシャッターをケースに入れることにした。

  • 先ずはケース探しから
    timercase.jpg
    100円ショップやホームセンターを探し回って丁度良い寸法のケースを見つけた。
    140×70×30サイズのプラスチック容器である。乳白色で透明で有る為キッチンタイマーを中に入れても表示文字は問題なく見える。また、PICの基盤に取り付けてある動作確認用のLEDも問題なく見える。写真が完成品である。
  • ケース内に入れる部品は、
    timercase3.jpg
    ・基盤、キッチンタイマー

    ・ニッケル水素バッテリー

    ラジコングライダーで使っていたお下がりです。

    ・スタートスイッチ

    白い四角い少し大きめのプッシュボタン
  • 加工する部分は、
    timercase1.jpg
    1.キッチンタイマーの操作ボタンの部分

    2.スイッチ類の取り付け:電源スイッチとサイクルタイマーモードの切り替えスイッチ

    3.カメラのリモートスイッチコネクター

    4.タイマースタートのスイッチ

    以上の加工が必要である。

    ケースは、PPの様な素材で、ドリルの穴あけと、仕上げはカッターナイフで容易に整形できる。
  • 使用方法

    1.電源スイッチを入れる。

    2.キッチンタイマーの時間を設定する

    3.タイマースタートスイッチ オン

    タイマースタートした後でキッチンタイマーのボタンを触ると誤動作します。

    何故なら、キッチンタイマーのボタンを押すと、ブザーが鳴り、タイマー修了の場合と同じ動作になるためです。
  • バルブモードの設定

    電源を入れる際に、タイマースタートスイッチを押しながら電源をオンにする。
    これで、バルブモードになる。
  • サイクルモードの設定

    タイマーが動作していない状態、電源を入れた直後やタイマーが修了した後などに、サイクルモードの切り替えスイッチを入れる。